「ドロップog」について - ドキッとエッチなドタバタラブコメ、オヤマ菊之助
  • 「ドロップog」について

    「ドロップog」は品川庄司としてお笑い番組などでも活躍する品川ヒロシが作者のまんが作品です。「ドロップ」という作品が10年ほど前に小説として出版され、映画化もされて人気が出ましたが、そのスピンオフ作品のひとつで「週刊少年チャンピオン」の誌面で現在も連絡が続いている人気作品です。
    単行本も19巻発売されており、歴史の長い作品であるといえます。
    「ドロップog」は不良まんがの伝統を継ぐまんがです。


    ヤンキーといわれる悪い少年が日々けんかに明け暮れる様子が漫画家されています。

    ドロップogの最新情報ならこちらを参考にしてください。

    けんかというと聞こえが悪いですが、男子には非常に人気があるストーリーで、男子が喜んで読んでいる作品です。



    「少年チャンピオン」という漫画誌のなかでもヤンキーまんが、格闘まんがは定番のストーリーですので、漫画誌の伝統を継ぐという意味でも重要な作品であるといえます。

    また、「ドロップog」はヤンキーという少し前の学園模様を今に引き継ぐ作品であるといえます。

    その点で今の子供にとっては新鮮ですし、親の世代としては、「ビーバップハイスクール」や「ろくでなしブルース」の系譜を継ぐ作品として懐かしい気持ちで読め、2世代が一緒に楽しみを共有することができる作品としても非常に重要です。


    親が子供にコミックスを買い与えるケースも多いようで、購買層が一般的なまんがよりも若干高めになっているという実態もあるようです。



    今後も長く続くであろうと思われる作品です。