ドロップog(アウトオブガンチュー) - ドキッとエッチなドタバタラブコメ、オヤマ菊之助
  • ドロップog(アウトオブガンチュー)

    ドロップogとは、月刊チャンピオンにて連載されている人気漫画の一つです。

    ドロップogについて詳しく知りたいならこちらです。

    原作は品川ヒロシ、作画は鈴木大にて単行本化もされています。



    元々はドロップで発売していましたが、これが全14巻で終了し、今は新シリーズの「ドロップog(アウトオブガンチュー)」として17巻まで発売しています。2009年には映画化された程の人気漫画です。
    その内容は、不良の喧嘩漫画なのですが、そこに笑いや仲間意識など、人間性の繋がり、現在の社会を反映するようなストーリーとなっているので、根深い人気があり、初版のドロップに次ぎ、ドロップogが誕生したのです。

    その人気は留まる事を知らず、現在の累計発行部数は、720万部と大ヒット漫画として君臨しています。

    その内容では、弱いはずの者が強くなっていく様や、人を見かけで判断しない事など社会的常識ともとれる内容も盛り込まれており、現代の若者にとって共感できる点の一つの要因となっている事は間違いないでしょう。



    喧嘩漫画や不良漫画が根強い人気を博しているのは、そこに存在する人間模様が現代社会を物語っているものが多く、また、このご時世で不良と呼ばれる人種が少なくなってきているせいもあるかも知れません。

    単に悪い事をして反社会的行為を行うだけが、不良ではありません。

    そこにどのような背景があり、どうしてそうなってしまったのか、その流れに共感できるものが何か一つでもあれば、その作品はヒットするのです。


    この、ドロップogも例外ではないでしょう。